fc2ブログ

記事一覧

擬宝珠の盗蜜者

オオバギボウシ(大葉擬宝珠)の花は下から順に咲いていきます。
1つの花の寿命は短くても全体としては結構長く楽しめます。

IMG_2105.jpg

花が下向きに開き、雌しべ1本と雄しべ6本が「J」の形になります。
これがポリネーター(花粉媒介者)の足場になります。

IMG_2096_202007120837033fc.jpg

やって来るのは、コマルハナバチなどのハナバチの仲間。
雄しべ・雌しべの先端に止まったあと、花の奥へと潜り込んで行きます。
花筒の奥の方に蜜腺があります。
花筒はかなり細くなっていますので、クマバチのような大きなハナバチは潜り込めません。

IMG_2094.jpg

そこで、クマバチは荒っぽい作戦に出ます。
花筒の外側から蜜腺に向けて口吻をブスリと突き刺し、蜜を舐め取ります。
花粉の運搬にはまったく寄与しません。オオバギボウシにとっては迷惑な蜜泥棒です。

IMG_2073.jpg

それにしても、花の外側から蜜腺の位置がよくわかるものです。
何度も突き刺すのではなくて、一度でピタリと突き当てます。

1日1回、↓ポチッとお願いします。大変励みになっています。


植物・花ランキング
このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。