fc2ブログ

記事一覧

看板の白い花

「看板の一(ぴん)」というサイコロ博打の落語があります。
壺皿の外にピンのサイコロを見せておき、皆がピンに賭けると、「これは看板や」と片付けます。
「表に看板があって、ほんまもんのサイは壺の中にある!」
元博打打ちの親っさんの巧妙な技が登場する楽しい噺です。
その「看板の一」を連想させるのが、マタタビ(木天蓼)です。いま、山で一番目立ちます。

IMG_0769_20200610135848652.jpg

マタタビは他の樹木を足場にして蔓を伸ばし、樹木に覆い被さっていきます。
いま、遠目には白い花が咲いているように見えますが、白いのは葉っぱです。これが看板です。

IMG_0752.jpg

光合成のため、全部の葉っぱを白くするわけにはいきません。
光合成もしながら、白い部分をつくって昆虫たちを誘います。
白く見えるのは、白い物質があるからではなくて、表皮の下側に空気の層がつくられるためです。
波が白く見えるのと同じ理屈です。
花の時期が終わると、空気の層がなくなり、元の緑色に戻ります。

IMG_0758.jpg

花は葉っぱの陰に下側を向いてぶら下がっています。
だから上側から見ても花はよく見えません。
葉っぱを白くして昆虫を誘い、そばまで来ると今度は優しい香りで花へ誘導するのです。

IMG_0765.jpg

花が下向きに咲いているのは、ポリネーター(花粉媒介者)をハチやハエに絞る作戦です。
ポリネーターとして効率の悪いチョウを排除するのに効果的だと思われます。
実際、マタタビの花に集まっていたのは、おもにクマバチとコマルハナバチでした。
花を下向きに咲かせ、花の時期だけ、看板として葉っぱを白くする・・・何と巧妙な作戦でしょう。

1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。

植物・花ランキング
このブログの写真の無断使用をお断りします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: No title

>みみさん
こんにちは。ありがとうございます。ハンゲショウの葉っぱが白いのも客寄せのための看板だと思います^^
ただ、白くなるしくみは違っていて、ハンゲショウの場合には空気の層ができるのではなくて、葉緑体がないために白くなるようです。

No title

こんばんは~
5月半ばぐらいからこの時期にかけてマタタビの白い葉っぱが山の道路沿いに見られますが お花を見たのは初めてです(*^。^*)
葉っぱは看板だったんですね~
半夏生の白も同じですか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。