fc2ブログ

記事一覧

檸檬色の花蜂

イボタノキ(水蠟樹)の花にレモン色のハチを見つけました。
コマルハナバチ(小丸花蜂)の雄です。

IMG_0674.jpg

コマルハナバチの働き蜂は、このブログにもたびたび登場してもらっています。
その生態の概要は以前にご紹介しました。お時間がありましたら、→こちらをご覧ください。

IMG_0680.jpg

春から盛んに飛び回っている黒色の働き蜂とはまったく異なり、雄はレモン色です。
腹部の端がオレンジ色なのは働き蜂と共通ですが、とても同じ種類とは思えません。
羽化した雄蜂は、巣を飛び出して、自分自身のために蜜や花粉を食べて過ごします。
幼虫の世話などは一際せず、仕事は他の巣で誕生した新女王との交尾のみ。

IMG_0675_20200608143655bac.jpg

雄の姿は、いまの1か月間しか見られません。
交尾してもしなくても、1か月で寿命が尽きて死んでしまいます。
女王は地中に潜って冬を越し、来年まで生き延びて子孫を残すというのに、雄の一生の何と儚いこと。

1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。

植物・花ランキング
このブログの写真の無断使用をお断りします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: No title

>みみさん
こんばんは~
コマルハナバチのオス、いい色してるでしょ。
見ていて優しい気持ちになれる色です。
オスだから針がないので、捕まえても刺されることはありません。捕まえませんけどネ。

No title

こんばんは~
コマルハナバチのオスはとっても優美で
レモン色もとってもいい色です~
でもたったひと月の命とは 儚いですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。