fc2ブログ

記事一覧

口の尖った天狗蝶

秋晴れの爽やかな日中、テングチョウ(天狗蝶)に出会いました。
鼻の高い天狗のような顔をしているということでの命名です。
でも、尖った鼻のように見えるのはパルピ(下唇髭)と呼ばれる器官で、口の一部です。
その役割はよくわかっていませんが、触覚の補助的なもので匂いを感じることができるようです。
(とすると、機能的にはやっぱり鼻でしょうか?!)

IMG_6170.jpg

イヌタデの花に止まりました。このあと口吻を出して吸蜜していました。
早春から飛び回りますが、夏の盛りには夏眠をするようです。
秋に再び飛び回り、成虫で冬を越し、春に産卵します。
うまく生き延びれば1年以上生きると言われる長生きのチョウです。

IMG_6184.jpg

ミゾソバの花で吸蜜中のテングチョウ。翅の表面にはオレンジ色の紋があります。
前翅中央のオレンジ色の紋が大きく、その下にも紋があるので、↑これは雌です。たぶん。

IMG_6165.jpg

鱗粉1つひとつが見えるくらいに接近して撮らせてくれました。
翅の形から↑こちらは雄ではないかと思います。たぶん。
春に羽化したとは思えない、美しい翅をしています。
年1回発生するという説と年2回発生するという説がありますが、年2回説の状況証拠になるのではないかと思える美しさです。

↓1日1回ポチッとよろしくお願いします。大変励みになっています。

このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。