fc2ブログ

記事一覧

金色の毛の土蜂

セイタカアワダチソウの花にミツバチやセセリチョウに混じって大きなハチがやって来ました。
ちょっと見ると怖いハチのように見えますが、まったくそんなことはありません。
針は持っていますが、ヒトを刺すようなことはまずありません。

IMG_4732.jpg

キンケハラナガツチバチ(金毛腹長土蜂)です。触覚が長いので雄です。

ノーベル賞の吉野彰さんが「ロウソクの科学」が化学へのきっかけになったとおっしゃっていました。
小学校の先生に勧められたそうです。勧めた先生、偉い!
「ロウソクの科学」と並んで子どもたちにぜひ読んで欲しいと思う本があります。
それは「ファーブル昆虫記」(奥本大三郎・訳/解説)です。

IMG_4734.jpg

その「第2巻・狩りをするハチ」にツチバチが登場します。
交尾を終えたツチバチの雌は土の中に潜って、土の中のコガネムシの幼虫に卵を産みつけます。
卵からかえったツチバチの幼虫は、コガネムシの幼虫のからだを食べて育ちます。
すぐに殺したりせず、生命維持に無関係な部分からゆっくり食べていきます。
その巧妙な生き方に驚いたり、感心したり。
ファーブル先生の研究のしかたは、大人が読んでもワクワクします。

IMG_4735.jpg

成虫になると花の蜜を吸う、穏やかなツチバチ。
金色の体毛が美しいキンケハラナガツチバチです。

↓1日1回ポチッとよろしくお願いします。大変励みになっています。

このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。