fc2ブログ

記事一覧

繊細な梅鉢草

ハチ高原の小代越え周辺には、ウメバチソウ(梅鉢草)がたくさん咲いています。
可愛らしい山野草です。

IMG_5698_20231023153151939.jpg

ウメの花をデザインした家紋が梅鉢紋。天神さんの紋です。
その梅鉢紋に似ているというので、ウメバチソウ。
早い話がウメによく似ている花というわけです。
しかし、花びらが5枚であるということ以外、あまり似ていないように思います。
中央に雌しべ、そのまわりに5本の雄しべ。雄しべは、1日に1本ずつ成熟して花粉を放出します。
↑この花は、最後の1本の雄しべが残っていて、4本の雄しべの葯はすでに失われています。

IMG_5706_2023102315315218a.jpg

雄しべの間には5本の黄色い仮雄しべがあります。仮雄しべは花粉は作りません。
黄色い丸いものは腺体で、蜜を出して昆虫を呼んでいます。

IMG_5709_202310231531547c3.jpg

雄性期から雌性期に変わり、受粉すると雌しべの子房が発達してきます。
雄しべの葯が落ち、花びらが落ちても、仮雄しべは残っていて、繊細な美しさを見せてくれます。

↓1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。


植物・花ランキング 

このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。