fc2ブログ

記事一覧

不透明な翅の油蝉

当地で8月に最も身近なセミは、アブラゼミ(油蝉)です。
「ジー」と鳴き始め、「ジリジリジリジリ…」と暑苦しい声で鳴きます。
兵庫県でも瀬戸内に行くと、「シャンシャンシャン…」というクマゼミ(熊蝉)の声ばかり。
同じ県内でも中部・北部ではアブラゼミが頑張っています。

IMG_0599_20230826183014193.jpg

見慣れたアブラゼミですが、翅が不透明なセミは世界的には珍しいんだそうです。
なるほど、ニイニイゼミ(にいにい蝉)の翅は半透明で、他の多くのセミの翅は透明です。

IMG_0603_20230826183016e84.jpg

アブラゼミという名前は、「鳴き声が油を熱したときの音に由来する」という説がよく紹介されています。
でも、不透明な翅が特徴なのですから、「翅の色が油紙に似ていることに由来する」という説を推したいです。
油を浸み込ませて水をはじくようにした紙、和傘に使った紙です。

IMG_0605.jpg

アブラゼミはサクラ(桜)などバラ科の樹木が好きなようです。
2匹並んで樹液を吸っていました。これがほんとのセミダブル…^^

↓1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。


植物・花ランキング 

このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。