fc2ブログ

記事一覧

霧のまち

皆既月食の写真を撮ろうとしました。
が、暗くて↓これが精一杯でした。

皆既月食

さて、「霧の都・ロンドン」よりも霧の発生日数が多いのが、兵庫県豊岡市。
まさに「霧のまち・豊岡」です。
今朝も、円山川下流域は霧に包まれました。

IMG_0421_2022110815152149a.jpg

城崎の来日岳、和田山の竹田城など、上から見た雲海が有名ですが、雲海の中はこの状態。
50m先がうっすらとしか見えません。

IMG_0441.jpg

モノトーンの世界にカモの姿がチラホラ。
前日がいい天気で水温が上がり、放射冷却で気温が下がると霧が発生します。
お風呂の湯気と同じで、水温が高く気温が低いというのが条件となります。
豊岡は盆地のため、風が弱く、霧の逃げ場がないということも関係しています。

IMG_0428_202211081515237c6.jpg

地元住民にとっては見慣れた光景ですが、知らない人には幻想的な景色としてウケるかも。
フワフワと溶けるような「霧まんじゅう」や「霧ケーキ」なんか売り出したらいかがでしょう?…^^
最近は地球温暖化の影響からか、霧の発生日数は減少傾向にあるようです。
それでも、年間60日くらい霧が発生します。

↓1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。


植物・花ランキング 

このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。