fc2ブログ

記事一覧

春の妖精2022・その7

キクザキリュウキンカ(菊咲き立金花)が咲き始めました。
ヨーロッパからやって来た帰化植物で、別名オウシュウキンポウゲ(欧州金鳳花)。
花の中心部に黄緑色の雌しべがあり、そのまわりにたくさんの雄しべがあります。
金属光沢のある花びらが8~9枚くらい。

IMG_5536.jpg

春に花を咲かせ、夏には地上部が枯れてしまうので、スプリング・エフェメラルの1種です。
でも、ユキワリイチゲ、セツブンソウ、ニリンソウなどの上品さ、可憐さとはほど遠い感じ。
春の妖精とはちょっと言いがたいけばけばしさです。

IMG_5512.jpg

「花びらに見えるのはガクである」とよく説明されています。
けれど、↑上の左の花のように、咲き始めの頃はガクが3枚あります。
これがやがて落下してしまうことから、誤解されているのではないかと思います。

IMG_5531.jpg

キクザキリュウキンカの花にヒメハナバチの仲間がやって来ました。
たぶんキバナヒメハナバチ(黄花姫花蜂)ではないかと思います。
雄しべの葯の花粉を食べています。

IMG_5527.jpg

しばらく花の上をゴソゴソと動き回ると、口や目のまわりは花粉だらけになってます・・・^^

↓1日1回、ポチッとお願いします。 大変励みになっています。


植物・花ランキング 

このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。