fc2ブログ

記事一覧

本谷の三椏

私が勝手に決めている当地のソメイヨシノ(染井吉野)の標準木が開花です。2週間前の予想が1日ズレました。惜しい…^^さて、昨夜から「晴れたら一宮町のミツマタ(三椏)を撮りに行こう」と思っていました。今朝、神戸新聞を見てびっくり。「淡い黄色に斜面を染め上げ、一宮のミツマタ、4月上旬まで見頃」という見出し。またしても、神戸新聞に先を越されました…^^;大屋町明延を越えて、一宮町東河内(ひがしごうち)の本谷(ほん...

続きを読む

春告げる純白

いつもご訪問、ありがとうございます。6年間に訪問してくださった方のカウンターがもうすぐ33万3000を越えます。「333,333」番目の訪問者の方、ご連絡ください。何かプレゼントを考えます…^^急に温かくなって、ハクモクレン(白木蓮)が一気に開花しました。青空に純白のハクモクレン、とっても映えます。開きすぎると不格好だし、花びらはすぐに傷んでしまうので、いまがいちばん美しいときかも。ハクモクレンの花は、花びらとガ...

続きを読む

桜便り2024・その5

私が勝手に標準木と決めているソメイヨシノ(染井吉野)のきょうの様子です。3月18日の当ブログで、「開花は3月30日」と予想しましたが、ハズレですね。しばらく低温が続いたので遅れました。ただ、きょうの最高気温は23℃。一気に初夏のような日射しです。昆虫たちもいっせいに活動を開始。きょうは、我が家の近所のカワヅザクラ(河津桜)とニホンミツバチ(日本蜜蜂)たちです。背景を変えていろいろ撮ってみました。↓1日1回...

続きを読む

山の片喰

きょう、ツバメの初見日でした。いつもよりちょっと早いかな。さて、カタバミ(片喰)というと5月頃に道端に咲く、黄色い可愛い花。こちらは、春、林床に咲く、白いカタバミ。ミヤマカタバミ(深山片喰)です。「ミヤマ」とつきますが、山奥でなくても見られます…^^ハート形の小葉が3枚。日陰のためか、花がうつむき、パッと開いているものがありません。なんとか横向きで開き気味の花を見つけました。黄色いカタバミより、大きい...

続きを読む

春の妖精2024・その10

きょう、いい天気になったら、丹波篠山市の松隣寺へバイカオウレン(梅花黄蓮)を撮りに行こう…昨夜のうちから、そう決めていました。朝、神戸新聞を見ると、なんと「古刹彩る森の妖精」という見出し。「牧野富太郎が愛したバイカオウレン 丹波篠山・松隣寺で見頃」と紹介されておりました。カメラを持った人がたくさん来られているのではないかと思いながら、松隣寺へ。ところが、境内はひっそり。ご夫婦が1組だけで、すぐに去っ...

続きを読む

モフモフ玉苔

このところよく雨が降ります。春の妖精たちを撮りに行きたいのですが、この天候ではパッと開いてくれません。雨で喜んでいるのはコケたちでしょう。近くの神社の石垣で見つけたタマゴケ(玉苔)です。モフモフです。テラリウムでは人気のコケで、けっこう高く売れるようです。もちろん、採って売るつもりはありませんが…。球形の部分を蒴(さく)といいます。粒々が可愛いでしょ。蒴と褐色の蒴柄(さくへい)を合わせたものが胞子...

続きを読む

馬酔木

この季節、毎年、防獣柵の点検・修繕が行われます。重い金網を持って移動するのも重労働。2時間ほどの作業ですが、疲れます。人の背丈ほどの柵を張り巡らせても、シカは飛び越えてしまいます。道路から見える林床にアセビ(馬酔木)の花が目立つ季節になりました。アセビはグラヤノトキシンという毒を含むため、シカが食べません。シカの増加に伴って、最近は特にアセビがよく目立つようになりました。↑こちらは、ベニバナアセビ(...

続きを読む

春の妖精2024・その9

今年も丹波篠山市大山宮にときどきお邪魔しています。ここは「春の妖精」の宝庫。いろんな可愛い花に出会えます。斜面にキクザキイチゲ(菊咲き一華)が花を咲かせています。キクザキイチゲは早春に花を咲かせ、樹木が若葉を茂らせる頃には地上部は枯れてしまいます。こういう植物を「スプリング・エフェメラル(春の妖精)」と呼びます。イチリンソウ、ニリンソウ、ユキワリイチゲ、セツブンソウ、カタクリなどが代表例です。落葉...

続きを読む

春の妖精2024・その8

「荒れる春場所」とはいうけれど、荒れ過ぎですね。こうなると、大の里に頑張ってもらって、石川県に夢と希望を!さて、こちらは荒してはいけない春の妖精。イワウチワ(岩団扇)がもう咲いていました。葉っぱが団扇のようで、岩場に生えていることからの命名ですが、岩場でない斜面に生えていました。日本の固有種で、環境省のレッドリストで準絶滅危惧種です。白い葯をつけた雄しべが5本。中央に雌しべが1本。その雌しべの基部...

続きを読む

春の妖精2024・その7

春の花に会いに、京丹波町の「わち山野草の森」にお邪魔してきました。枯れ葉の間から顔を出したミスミソウ(三角草)。別名、ユキワリソウ(雪割草)。林床に生育し、春、可愛い花を咲かせます。常緑なので厳密にはスプリング・エフェメラルではありませんが、「春の妖精」に入れておきます。変異に富んでいて、白色、淡い青色、紫色などがあります。雄しべの葯の色もいろいろ。キンポウゲの仲間で、花びらに見えるのはガクです。...

続きを読む

桜便り2024・その4

「暑さ寒さも彼岸まで」といいますから、これが今シーズン最後の雪でしょうか。朝、屋根や田畑が真っ白でした。名残雪をかぶったカワヅザクラ(河津桜)を撮りに出石町福見へ。でも、陽が射してきて枝につもった雪はすぐにとけてしまったので、地面の雪を背景に。交差点の信号機のそばに植えられている1本のカワヅザクラ。いま、八分咲き。ほぼ満開です。オオシマザクラ(大島桜)のDNAを受け継ぐので大輪です。また、カンヒザ...

続きを読む

春の妖精2024・その4

今シーズン初のニリンソウ(二輪草)の開花を見つけました。丹波篠山市大山宮の追手神社の境内。いちばん日当たりのいいところに4輪だけ咲いていました。この可愛らしさ。とっても魅力的です。花びらに見えるのはガクです。ガクの裏側は淡いピンク色。表は白色ですが、うっすらと淡いピンク色が見えます。花の中央の黄色いのが雌しべ。この花は5本ですが、もっと多いのがふつうです。そのまわりに白い葯の雄しべがたくさん。この...

続きを読む

早春の道端

道端にひざまづいて、早春の花を撮影。きょうは日中15℃にもなりました。風に揺れるミチタネツケバナ(路種漬け花)。ヨーロッパ原産です。私の子どもの頃にはなかった植物。昭和50年前後に日本に入ってきたようです。いま、いちばん目立つのはオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)とヒメオドリコソウ(姫踊り子草)。ともにヨーロッパ原産です。オオイヌノフグリは明治時代の初め頃、ヒメオドリコソウは明治時代の中頃に日本へやって来...

続きを読む

桜便り2024・その3

きょうは晴れましたが、冷たい強い風が吹く一日でした。当地の標準木と私が勝手に決めているソメイヨシノ(染井吉野)。そのきょうの様子です。つぼみがふくらんできました。この様子だと、あと10日くらいで開花しそうです。あさってからまた冷え込み、週末は雨という予報もあります。そのあたりを加味して、「開花は30日」と予想しておきます…^^昨年の開花は3月25日でしたので、昨年より遅めです。入学式の頃に満開になればいい...

続きを読む

春の妖精2024・その6

「春の妖精」といっても、ユキワリイチゲ(雪割一華)やセツブンソウ(節分草)とは趣が異なります。キクザキリュウキンカ(菊咲き立金花)。別名はオウシュウキンポウゲ(欧州金鳳花)。その名の通り、ヨーロッパ原産のキンポウゲの仲間です。花びらに金属光沢があって、テカテカしています。在来種のリュウキンカ(立金花)は水辺に咲く花。キクザキリュウキンカは庭に植えられたものが逃げ出して、野生化しています。花期は2~...

続きを読む

朝来四季彩の丘

朝来市の「四季彩の丘」の菜の花畑がきょうから開園。10時の開園時刻とほぼ同時に行ってきました。入り口から奥の突き当たりまで約450mもあるそうです。広大なスペースに60万本のハナナ(花菜)の黄色い絨毯が広がります。以前はカラシナ(辛子菜)でしたが、今年はハナナ。草丈がカラシナほど高くありません。花期もカラシナよりちょっと早めです。歩いていると、取材中の某テレビ局のカメラマンからインタビューを受けました。...

続きを読む

春告げる座禅草

ハチ北高原のザゼンソウ(座禅草)を見に行ってきました。ハチ北スキー場はまだ営業していてリフトも動いていますが、道路には雪はありません。駐車料徴収ゲートのおじさんに「ザゼンソウの写真を撮りに行きたい」と告げると、「今年はまだ出てないと思うけど、行ってみて!」と通してくれました。神社の裏側の残雪のわきに、スギの落ち葉の間から顔を出したザゼンソウを見つけました。まだ、出始めたばかりのようです。雪解け水が...

続きを読む

続・♥写真

中国語ではバレンタインデーを「情人節」、ホワイトデーを「白色情人節」っていうんだそうです。「情人」って何かヘンな感じですが、恋人のことだそうです。きょうも、過去に撮った写真から♥を集めてみました。カタバミ(片喰み)の葉っぱは♥形。昨年5月に道端で撮影。クローバのイラストでよく♥形に描かれているのを見ますが、カタバミほど♥形ではありません。アンスリウムの赤い葉っぱは綺麗な♥形。和名はベニウチワ(紅団扇)...

続きを読む

♥写真

あすはホワイトデーだそうで、♥に見える写真を集めてみました。季節外れの写真もありますが、お許しを。いきなり季節外れですね。昨年6月に撮影した♥形のアジサイ(紫陽花)。何の蔓かわかりませんが、2月にフラワーセンターの温室の中で撮影しました。何となく♥の形。つい最近撮影したコウノトリの山本ペア。J0011(左・雄)とJ0399(右・雌)。これまた、何となく♡形。・・・というより、2羽のラブラブが♡のかたまり・・・^^↓1日1...

続きを読む

梅花に来た蜜蜂

きょうは終日雨が降っています。きのう訪れた綾部市の梅林公園のニホンミツバチ(日本蜜蜂)たちです。ミツバチたちはだいたい気温10℃以上で活動できるそうです。スズメバチやアシナガバチは約15℃以上だそうですから、ミツバチは比較的低温で活動を開始します。このときの気温は約13℃でした。後脚にはたくさんの花粉をつけ、蜜を吸って、花から花へ。ウメの受粉にかなり貢献していると思われます。↓1日1回、ポチッとお願いします...

続きを読む

梅ジロー

なかなか会えなかったのですが、やっと会えました!梅ジロー。陽光に誘われて、京都府綾部市の梅林公園へ。平日なのに駐車場にはたくさんの車が止まっていました。ウメ(梅)のいい香りが漂う中、2羽のメジロ(目白)が連れだって移動していきます。チーチーと可愛らしい鳴き声を交わしながら。私がメジロの写真を撮っていると、通りかかった女性が「あ、ウグイス!」連れの男性が「ウグイスは滅多に姿を見せないらしいのに、見ら...

続きを読む

陽光の土筆

きのうは打って変わって、きょうはいい天気。気温はあまり上がりませんでしたが、春の日射しに雪は一気にとけてしまいました。きのうと同じ場所の、同じツクシ(土筆)を撮ってみました。春の日射しを受けて、ツクシも嬉しそうです。ツクシは植物名ではありません。スギナ(杉菜)という植物の胞子茎です。胞子茎が胞子を飛ばし終わると、緑色の栄養茎が伸びてきます。胞子茎は胞子のうの集まりで、この中にたくさんの胞子が詰まっ...

続きを読む

土筆に春雪

1月下旬に1回だけドーンと降って、2月には軽く1回降った程度だったんです。なのに、3月に入ってから2度目の雪。顔を出したツクシ(土筆)もびっくりしているのではないかと思います。もうタイヤを交換してしまったので、きょうはどこへも出かけません。♪春よ、来い。↓1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。植物・花ランキング このブログの写真の無断使用をお断りします。...

続きを読む

鸛の繁殖行動

きのう、ご紹介したコウノトリ(鸛)の山本ペアの続編です。しばらく2羽で巣の中にいましたが、雌のJ0399が巣から飛び立ちます。そのまま巣に残った雄のJ0011は、巣の中で立ったまま、巣づくろいをしていました。10分後、J0399が巣に帰って来ます。2羽は首を反らせながら、くちばしをカタカタカタとクラッタリング。成鳥のコウノトリは鳴きませんので、これがコウノトリの求愛行動です。4分間ほど、2羽が仲良くクラッタリン...

続きを読む

山本ペア、先妻が復活

コウノトリが繁殖のシーズンに入りました。昼頃、豊岡市日高町の山本巣塔の近くを通ったら、コウノトリ(鸛)が巣にうずくまっています。抱卵しているのかもしれないと思い、しばらく様子を見ていました。すると、しばらくして巣の中で立ち上がりました。その後もしゃがみ込むことはなかったので、まだ、抱卵中ではないようです。この個体には足環がついていませんが、外国からやって来たのではありません。山本巣塔で毎年ヒナを巣...

続きを読む

屈性と傾性

久しぶりに「高校生のための生き物学習」です。このところ冷たい雨の日が続きます。雨の日のユキワリイチゲ(雪割一華)の様子です。先週の正午頃には、パッと開いてくれていたのですが、みんな花を閉じています。やや開いているものでもこの程度。ユキワリイチゲの花は、光に反応して開閉します。夜や雨の日は閉じ、明るい太陽光の下で開きます。これを「光傾性」といいます。光に対する「傾性」です。タンポポの花の開閉も同じ。...

続きを読む

春を告げる黄金の花

マンサク(万作)にやや遅れて、春の訪れを告げる黄色い花が咲いています。ハルコガネバナ(春黄金花)とも呼ばれるサンシュユ(山茱萸)の花。枝先に黄色い小さな花が密集して咲きます。その数、30個くらい。線香花火の火花が飛び散っているみたいです。1つの花をアップしてみます。反り返った花びら4枚、雄しべが4本、中央に雌しべが1本。葉っぱが出る前に花を咲かせるので、いまは木全体が黄色です。花が終わりかけると、若...

続きを読む

桜便り2024・その2

和田山の図書館前のエドヒガン(江戸彼岸)が満開になりました。8日前に五分咲きだったのですが、暖かくなったり、急に冷え込んだり。サクラもびっくりしているのではないかと思います。エドヒガンというくらいだからお彼岸の頃に咲くのがふつうなのでしょう。しかし、このサクラは毎年、ちょっと早めです。同じエドヒガンでも、大屋町の「樽見の大桜」はたいてい4月上旬。標高の違いかもわかりませんが、ずいぶん差があります。...

続きを読む

福来雀

NHKの朝ドラ「ブギウギ」の主人公の名前は、福来スズ子。その名前を聞く度に、私は冬のスズメ(雀)を連想してしまいます。冬のスズメは、寒さ対策としてふっくらしていますので、「ふくらすずめ」と呼ばれます。漢字で書くと「福来雀」。スズコとスズメ、1字違うだけです。縁起の良い名前です。夕方には雪はとけましたが、朝はまだ、田んぼに雪が残っていました。冬のスズメは群れをなしてみんなで餌を探します。食べているの...

続きを読む

春雪

暖冬だったのに、3月になって突然の雪です。ヤマボウシ(山法師)の枝が重そうです。その昔、国立大学一期校(←古いなぁ。もう死語です)の入試は3月3日でした。前日の3月2日、受験に出発する朝、きょうと同じように積雪。玄関で見送ってくれた母が「気ぃつけんと、すべるで!」。言われた途端にツルッ。すると、すかさず「ホレ、すべった!」何とか、すべらずに合格しましたが・・・💦こんなことになるとは思わず、先日、冬タイ...

続きを読む

梅の両性花と雄花

ウメ(梅)の花を撮っているときに、今年初めてウグイス(鴬)の鳴き声を聞きました。姿は見えませんでしたが、今年の初鳴きは3月1日としておきます。あまり上手なホーホケキョではありませんでした・・・^^昨年も紹介したのですが、ウメの花には両性花と雄花があります。↑この写真で、正面を向いている4つの花のうち、右から2番目の花には雌しべがありません。雄しべだけで雌しべがないので、雄花です。他の3つの花は、雌しべ・...

続きを読む

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。