fc2ブログ

記事一覧

陽光の土筆

きのうは打って変わって、きょうはいい天気。気温はあまり上がりませんでしたが、春の日射しに雪は一気にとけてしまいました。きのうと同じ場所の、同じツクシ(土筆)を撮ってみました。春の日射しを受けて、ツクシも嬉しそうです。ツクシは植物名ではありません。スギナ(杉菜)という植物の胞子茎です。胞子茎が胞子を飛ばし終わると、緑色の栄養茎が伸びてきます。胞子茎は胞子のうの集まりで、この中にたくさんの胞子が詰まっ...

続きを読む

土筆に春雪

1月下旬に1回だけドーンと降って、2月には軽く1回降った程度だったんです。なのに、3月に入ってから2度目の雪。顔を出したツクシ(土筆)もびっくりしているのではないかと思います。もうタイヤを交換してしまったので、きょうはどこへも出かけません。♪春よ、来い。↓1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。植物・花ランキング このブログの写真の無断使用をお断りします。...

続きを読む

土筆に異変

春を探して、豊岡市出石町の某所にツクシ(土筆)を撮りに行ってみました。ここは毎年12月くらいからツクシが顔を出す、不思議な場所なんです。ここのツクシが遺伝的に変わり者なのか? ここの地表近くに温かい地下水路でもあるのか?理由はわかりませんが、研究してみる価値が十分ありそうなツクシです。ここで、雪に覆われているツクシの写真も何度か撮りました。2月の中旬ともなると、用水路の土手にニョキニョキとたくさんの...

続きを読む

蕨採り

6日の阪神戦に続いて、きょうのヤクルト戦も降雨コールド勝ち。カープには雨も味方するようです。さて、今年は何でも早いので、ワラビ(蕨)ももう出てるかなと思い、朝から神鍋高原へ。やはり、たくさん出てました。早速、黙々とワラビ採り。神戸からオリエンテーション合宿にやって来た高校生たち。楽しそうにお喋りしながら近畿で唯一の噴火口を見学に神鍋山に登っていきます。頂上からの眺望もいいけど、足もとにも注目して生...

続きを読む

土筆に雪

先日ほどの大雪ではありませんが、また雪です。朝のうちは道路には積もらず、屋根や田畑、道端の草むらが雪化粧でした。ツクシ(土筆)と雪のコラボを撮るチャンスと、先日ご紹介したツクシに会いに出かけました。1週間前よりも顔を出しているツクシの数がずいぶん増えていました。ツクシのまわりは雪に覆われていて真っ白。冬と春が同居しています。撮っていると、雪がだんだん強くなってきました。ツクシにも雪がくっついていき...

続きを読む

春みつけ2023・その2

おそらく但馬でいちばん早く出てくるツクシ(土筆)です。出石町の某所。dachaさんの写真ブログに先を越されてしまいましたが、今年も撮ってきました。水路を挟んで向こう側にはまだ雪がたくさん残っているのですが、手前は解けています。何とか雪を背景に撮りたいと思って、カメラを地面すれすれにして撮影。雪が解けてから顔を出したのではなくて、おそらく顔を出してから雪が積もったのだと思います。雪の重みに耐えたツクシ。...

続きを読む

軒忍の胞子嚢

ご近所の庭木に着生しているノキシノブ(軒忍)です。樹木などのコケや地衣類が生えているところに着生し、水分を得て生きています。樹木に寄生して栄養を得ているわけではなく、自分で光合成をしています。だから、コケの生えた岩や茅葺き屋根の軒下などにも着生します。ただ、根は短く細かいので、乾燥するとひたすら耐えます。軒下で耐え忍ぶからノキシノブ。茎は短く横に這います。だから、ほとんど全身が葉っぱ。しかも1枚。...

続きを読む

蕨と蟻

いつもの年よりちょっと早目に、神鍋山へワラビ(蕨)採りに行ってきました。スキー場のゲレンデのあちこちにワラビが顔を出しています。ワラビはシダ植物ですから、根・茎・葉が分化しています。地上に出ているのは葉っぱで、根も茎も地下にあります。茎のように見えるのは葉柄です。つまり、我々が食べているのはすべて葉っぱです。ワラビの先端はクルッと丸まっています。これは若い葉っぱの細胞が傷つかないように保護するため...

続きを読む

雪中の土筆

昨夜の雪が止んで、今朝は晴れ。雪の後は、大気中の塵が一掃されるのか、ほんとに気持ちのいい青空が広がります。このまま晴れるのかと思ったら、また雪が降ったり止んだり。晴れ間を狙って、但馬でいちばん早い(・・・と思う)ツクシ(土筆)を撮りに行きました。雪に埋もれていないかと心配したのですが、数本だけ雪から顔を出していました。もうほとんど胞子を飛ばしています。先週、顔を出したのに、連日の雪降りでこんなことに...

続きを読む

風流、軒忍

湿ったところでないと生きられないのに、日当たりがいいところが好き。これって、案外難しい条件です。そこで、ノキシノブ(軒忍)が選んだのは、苔むした古木の幹の上。ここなら日当たりはいいし、湿り気も十分あります^^昔は、茅葺きの家の軒下によくぶら下がっていたものです。だから、軒シノブ。全然格好が違いますが、シノブもシダ植物の仲間です。ノキシノブを「風流」と感じ、苔玉とともに盆栽にする方もたくさんおられます...

続きを読む

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。