fc2ブログ

記事一覧

風流、軒忍

湿ったところでないと生きられないのに、日当たりがいいところが好き。これって、案外難しい条件です。そこで、ノキシノブ(軒忍)が選んだのは、苔むした古木の幹の上。ここなら日当たりはいいし、湿り気も十分あります^^昔は、茅葺きの家の軒下によくぶら下がっていたものです。だから、軒シノブ。全然格好が違いますが、シノブもシダ植物の仲間です。ノキシノブを「風流」と感じ、苔玉とともに盆栽にする方もたくさんおられます...

続きを読む

杉菜の胞子の運動

ほとんどのツクシ(土筆)が胞子を飛ばしてしまい、緑色のスギナ(杉菜)が茂ってきました。でも、まだ↓こんなふうに胞子を飛ばしていないツクシも残っています。こんなツクシを採ってきて、冷蔵庫の野菜室に保存しています。高校の「生物基礎」の最初の授業で、ツクシの胞子を観察材料に顕微鏡の使い方を教えるためです。スライドガラスの上で、ツクシをトントンと軽く叩くようにして胞子を落とします。カバーガラスをかけないで...

続きを読む

神鍋山の蕨

今年は何もかも早いようです。神鍋山にもうワラビ(蕨)が出始めていました。土壌の栄養条件が関係するのでしょう。↑この辺りは細いものが多いようです。場所によっては太いものがたくさん顔を出しています。ワラビの地上部はすべて葉っぱです。地上部の茎のように見えるのは葉柄です。茎は地下に張り巡らされています。ワラビが顔を出すときには、↑こんなふうに葉柄を先頭にして出てきます。葉っぱに展開する部分は柔らかいので、...

続きを読む

古生代石炭紀の風景

ツクシ(土筆)があちこちで顔を出し始めました。2月12日のブログ「土筆、顔を出す」で紹介したのは特別早い場所で、ふつうは今頃です。青空に伸びる土手のツクシ。気持ち良さそうです。ツクシはスギナ(杉菜)の胞子茎。つまり子孫をつくるための茎です。緑色のスギナは栄養茎。光合成をするための茎です。胞子茎と栄養茎は地下茎でつながっています。古生代石炭紀、シダ植物トクサ科の植物が湿地に大森林をつくっていました。現...

続きを読む

雪中の土筆

きのう一日降り続いた雪も止み、きょうの午後には晴れ間も出てきました。雪中のツクシ(土筆)の写真を撮るチャンス到来!1週間前の「土筆、顔を出す」でご紹介した、出石町町分のツクシを再び訪ねてみました。但馬で最も早く顔を出す(…と、僕が思っている)場所です。きのうはこの辺も30cmくらいの積雪があったと思います。だから、すっぽりと雪をかぶっていたはずですが、きょうの午後にはかなり雪が解けていました。解けた雪...

続きを読む

土筆、顔を出す

きょうの最高気温は15℃でした。すっかり春の日差しです。但馬で最も早くツクシ(土筆)が顔を出す(…と私が思っている)場所に行ってみました。豊岡市出石町町分の水路脇です。やはり、もうたくさんのツクシがニョキニョキと生えていました。昨年は暖冬でもあり、2月23日に訪れたときにはもうすっかり胞子を飛ばしていました。今年は、すでに胞子を飛ばしてしまったものは2割くらい。大半はまだ緑色です。ツクシには日照時間に反...

続きを読む

土筆が生えてくる条件

高校で「生物基礎」を担当するときは、毎年4月にツクシ(土筆)を採ります。顕微鏡の使い方をマスターするときの観察材料として、スギナ(杉菜)の胞子を使うからです。今年もウォーキング中に100本ほどのツクシを採りました。でも、5月6日まで休校では、ツクシの出番はいつになることやら・・・。それまで我が家の冷蔵庫の氷点下ストッカーで保存できるでしょうか? 心配です。いつも採集するところでは、↑この通り、例年と同じ...

続きを読む

但馬で一番早い土筆

但馬で最も早くツクシ(土筆)が見られるのは、ここだと思います。豊岡市出石町町分の水路脇。今年は暖冬で早くから顔を出していました。顔を出しているのは知っていたのですが、ついついアップする機会を逃し、きょうになりました。きょう行ってみると、もうすっかり胞子を飛ばしています。我が家のまわりでは、まだツクシは現れていないというのに…。なぜ、ここだけツクシが早く顔を出すのかわかりません。確かに日当たりはいい...

続きを読む

蕨の蜜

神鍋高原にワラビ(蕨)を採りに行ってきました。雨上がりのスキー場にはワラビがニョキニョキ。あまり歩き回ることもなく、短時間でスーパーのビニール袋に半分くらい採ってきました。 ワラビはシダ植物ですから、根・茎・葉の分化があります。でも、根と茎は地下にあります。地上に出ているのはすべて葉っぱで、茎のように見えるのは葉柄です。葉っぱの先は柔らかいのでクルッと丸まって、傷つかないように地上に顔を出して伸び...

続きを読む

我慢の土筆

今朝は、昨夜の雪がうっすらと残っていました。このところの陽気に誘われて顔を出したツクシ(土筆)もびっくりです。 小雨が降り、この雪もすぐに溶けてしまいました。 ツクシの頭の部分には六角形のタイルのようなものが並んでいます。ツクシはスギナ(杉菜)の胞子茎。胞子をつくり、子孫を殖やすのがその役割です。ツクシが成長すると、その隙間が広がってきて、ここから胞子が飛び出して風に乗ります。でも、きょうみたいな...

続きを読む

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。