FC2ブログ

記事一覧

曲がったことは嫌いな沼虎の尾

このところちょっと太り気味だったので、減量することにしました。太っていない人が痩せるのは大変でしょうが、太った人が痩せるのは簡単です。ちょっと運動してちょっとご飯の量を減らせば痩せます。この5日間で1日平均0.2kgずつ、5日間で1.0kg減です。もう少し続けます^^きょうの運動は、山の畑の草刈りです。草刈り機で約2時間。いい運動になりました。畑の脇に湧き水が溜まる湿地があって、そこにヌマトラノオ(沼虎の尾)...

続きを読む

花筏の黒い果実

「花筏」という古典落語があります。この噺で花筏は大坂相撲の大関の名前です。主役のはずの花筏は一言も発せず、そのにせものが活躍する滑稽噺です。この噺から四股名をもらった力士がいますが、この噺の元になった力士はいないようです。とすると、この噺の作者が四股名を思いついたことになります。水面に散った桜の花びらのことも「花筏」と言いますが、散ったものを四股名にするのは縁起が悪そうですので、もしかするとこの植...

続きを読む

赤い果実2019・その2

道路脇の林縁に自生しているヤブデマリ(薮手毬)の赤い果実を見つけました。6月に花を咲かせていたのに、もう果実が赤くなっています。しかし、赤いのはまだ熟していなくて、秋になり黒紫色になったのが熟した状態です。ヤブデマリの花はガクアジサイに似ていて、小さな両性花のまわりに白く大きな装飾花があります。装飾花は結実しないので、目立たなかった両性花がいま赤い果実となって目立っています。ヤブデマリを園芸用に改...

続きを読む

車軸のような車花

今朝も5時からウォーキング。きのうより涼しく感じました。川沿いの散歩コースをけっこうたくさんの方が歩いておられます。そんな中で花を見つけたら、しゃがみ込んで撮影。通りかかった方は何を撮っているんだろうと覗き込んで行かれます。特に珍しいというわけではありません。道端のクルマバナ(車花)です。花が輪生しているように集まって咲きます。本当は輪生しているわけではないのですが、そう見えるのでこういうのを「仮...

続きを読む

日の出の前後の荒地待宵草

写真撮影とダイエットを兼ねて歩こうと思うのですが、何しろ暑すぎます。そこで、今朝は5時から散歩に出かけてみました。日の出はまだです。日中は開いていないアレチマツヨイグサがまだ開いていました。夕方から開きはじめるのは知っていましたが、朝の5時でもまだ開いているんですね。4枚の花びらの先端がちょっとへこんでいて、花びらがハート形になっています。花びらの間に隙間があるのがアレチマツヨイグサで、ないのがメ...

続きを読む

森の妖精、蓮華升麻

言ってもしょうがないのですが、暑いです。きょうもまた体温超え。こういうときは見ていて涼しくなるような写真をと思います。森の妖精と呼ばれるレンゲショウマ(蓮華升麻)です。うつむき加減の清楚で上品な花もいいのですが、丸いつぼみが可愛いのです。ガクも花びらと同じような色合いで、花びらが二重になっているように見えます。但馬には、というより兵庫県には自生していませんので、植栽したものです。でも、毎年、夏には...

続きを読む

矢車薄荷と虎丸花蜂

花を鯉のぼりの竿の先につける矢車に見立ててヤグルマハッカ(矢車薄荷)。北米原産のシソ科の植物です。日本で古くから薬草として利用されてきたそうです。ヤグルマハッカの1品種か、近縁種かよくわかりませんが、花の色が赤いのはタイマツバナ(松明花)とよばれます。松明(たいまつ)、英語で言えばトーチです。オリンピックの聖火ランナーがもつトーチのように見えなくもありません。ブンブンと力強い羽音を立ててトラマルハ...

続きを読む