FC2ブログ

記事一覧

年中見られる小繁縷

12月とは思えない暖かさです。「異常気象」って毎年言っているような気がしますが、やっぱり異常です。妻が「庭でカエルが鳴いている!」って言ってます。この暖かさで雨ですから、いったん土に潜ったカエルが出てきたかもしれません。さて、きょうはコハコベ(小繁縷)の花です。畑の雑草です。 ハコベの仲間には、ミドリハコベ、コハコベ、ウシハコベの3種類があります。茎が赤紫色なのがコハコベです。 暖かくて春と間違えた...

続きを読む

頭三角の頭高

サクラ並木の下をピョンピョンと飛び跳ねるように歩いて餌をとっている小鳥がいます。カメラを構えて近づくと、サッとサクラの木の枝に飛び上がりました。 カシラダカ(頭高)です。僕が近づいたので、ちょっと緊張しています。緊張すると頭頂部の羽が立ち、三角形になります。 夏はユーラシア大陸北部の森林地帯で生活しているそうですが、遠路はるばる日本にやって来ます。カシラダカがやって来ると、いよいよ冬の始まりです。...

続きを読む

髭の仙人草

仙人に出会ったことはありませんが、イメージとしては白い髭を生やしているお爺さんです。この果実をみた人が、そんな仙人を思い浮かべても不思議ではありません。 センニンソウの花期は8~9月です。花期が終わっても雌しべの花柱が落ちずに残ります。この花柱に銀白色の長い毛がびっしりと生えています。 この長い毛は、風を受けて種子を散布するためのもの。でも、タンポポなどと比べると、果実がずいぶん大きくて重そうです。...

続きを読む

コウノトリ・伊府にて

きょうは曇り空。これからの季節、但馬はたいていこんな天気です。どんよりと曇っているか、雨か雪。スカッと晴れることは滅多にありません。そんなわけで、先日撮ったコウノトリです。豊岡市日高町伊府にコウノトリが2羽いるよ!と教えてもらったので行ってみました。連絡を受けてから2時間くらい経っていたので、もう移動したかもしれないと思いながら。でも、いました!  1羽は、道路から10mくらいの田んぼの中で食餌中で...

続きを読む

赤い果実・その8

いつもの散歩コースの川沿いのサクラの木の根元に真っ赤な果実を見つけました。サネカズラの果実です。ツヤのある鮮やかな赤色をしています。 百人一首に「なに・・・」で始まる歌が3首あって紛らわしいのです。・難波潟 みじかき芦の・・・・難波江の 芦のかりねの・・・・名にし負はば 逢坂山の・・・この3つめの歌に登場するサネカズラです。 花期は8月だそうですが、ここにサネカズラがあることにまったく気がつきませんでした。花...

続きを読む

晩秋の三椏

きのうの大イチョウの近くで見たミツマタ(三椏)です。これまで春のミツマタの写真は撮ってきましたが、この時期のミツマタもまたいいものです。 春、花期のミツマタには葉っぱがありませんが、その後葉っぱが出てきます。そして、いま、もうすぐ葉っぱを落とすのでしょう。一部の葉っぱが黄色くなっています。黄色くなった葉っぱとまだ緑色の葉っぱの混じり具合がとっても綺麗です。 こちらはヤマモミジを背景に撮ってみました...

続きを読む

黄葉の寺社巡り・常瀧寺

全国的にも屈指の大イチョウが見られるという常瀧寺(じょうりゅうじ)に行ってきました。常瀧寺は丹波市青垣町大名草(おざな)にあるお寺ですが、大イチョウはこの寺の裏山にあります。もともと山の中腹にあった常瀧寺が明智光秀の丹波攻めで焼失したのだとか。イチョウは焼失を免れ、現在、樹齢1300年の大木に成長しているとのこと。常瀧寺の駐車場に車を止めて、そこからは歩いて山登りです。それなりに急な登山道を、休まずに...

続きを読む