記事一覧

ゲンゲ畑を増やそうよ!

レンゲとか、レンゲソウと呼ばれていますが、正式な和名はゲンゲです。子どもの頃、春の田んぼの風景は↓これが当たり前でした。 ゲンゲはマメ科植物ですので根粒菌と共生していて、空気中の窒素を取り込むことができます。秋の稲刈りの前に、ゲンゲの種まきをしておけば、窒素肥料を投入する必要がないのです。 昔は、ゲンゲがウシの餌にもなったのですが、いまはウシがいなくなったからでしょうか。でも、ゲンゲの蜜はハチミツ...

続きを読む

はい、ポーズ!ベニシジミ

日によって、「きょうはよく出会うなぁ」と感じる昆虫がいます。ベニシジミによく出会いました。そういえば、ベニシジミの幼虫の食草であるスイバもよく見かけるようになりました。 ベニシジミは、よく見かける蝶ですが、可愛い蝶です。特に、春型は鮮やかな色をしています。 アゲハのように大きく飛び回ることもなく、ときどき止まってポーズをとってくれます。撮りやすい蝶で、その点ではありがたい蝶です。↓1日1回、ポチ...

続きを読む

歴史ロマンとシャガの大群落

養父市八鹿町下八木の国道9号から今滝寺(こんりゅうじ)へ向かう山道があります。車1台がやっと通れるこの道を、くねくねと約2km入ると、今滝寺があります。八木城の城主・八木氏の菩提寺で平安時代の創建と言われ、かつては大寺院だったようです。その今滝寺の手前に、シャガの大群落があります。 細い道をはさむ両側の斜面が真っ白になるくらいのシャガの花。見応えがあります。各地に「シャガの里」と呼ばれるところがあり...

続きを読む