FC2ブログ

記事一覧

鸛、飛翔!

豊岡市日高町土居を車で走っていたとき、助手席の妻が「あっ、コウノトリ!」。運転席からは見えませんが、飛んでいるコウノトリを見つけたようです。すぐに脇道に車を止めて、カメラを持って車外へ。 青い空を悠々と旋回するコウノトリがいました。 その姿がだんだん大きくなってきます。高度を下げてこちらに近づいて来てくれています。カッコいいです。優雅です。 足環が見えました。右足が黒・青、左足が赤・赤。帰宅してか...

続きを読む

続・女池の小白鳥

きょうも小野市来住町の女池のコハクチョウです。女池の遠くのほうにいたコハクチョウ3羽が私がいる湖岸の方向に飛び始めました。 翼を大きく動かし、足で水面を蹴ります。左足が沈む前に右足を出し、右足が沈む前に左足を出せば、水面を走れる!・・・なんて冗談を言ってましたが、まさにそんな感じです。 3羽のうち左側の2羽は幼鳥です。飛び上がるのにちょっともたついています。右側の成鳥はすぐに空中に浮かび上がりました。 ...

続きを読む

女池の小白鳥

小野市来住町の鴨池にコハクチョウ(小白鳥)を観に行ってきました。コハクチョウの越冬地としては最南端といわれるところです。 鴨池には、男池(おいけ)と女池(めいけ)があって、コハクチョウが観られるのは女池です。1年前にも同じ時期にここに来ました。そのときの個体数は16羽でしたが、今年は19羽を確認することができました。 鴨池といわれるだけあって、オナガガモ、ヒドリガモ、コガモなどたくさんのカモがいます。...

続きを読む

続・雪中紅梅

きょうも紅梅です。きのうの雪が今朝はまだ残っていましたが、朝の陽射しでいっきに融けてしまいました。融けるまでのわずかな時間に撮影です。 「カメムシが多い年は大雪だ」とか、「ナンテンの実がブドウの房みたいになる年は大雪だ」なんて言いますが、やっぱり当てにはなりませんね。何度か雪は降りましたが、トータルでは降雪量は少ないシーズンになりそうです。 ↓1日1回ポチッとよろしくお願いします。大変励みにな...

続きを読む

雪中紅梅

二日続けての雪景色になりました。今シーズンで2番目くらいの積雪でしょうか。それでも例年に比べると少ないです。 寒紅梅が雪に埋もれておりました。 明日も曇り一時雪の予報です。しばらく雪景色の写真になりそうです。↓1日1回ポチッとよろしくお願いします。大変励みになっています。植物・花ランキングこのブログの写真の無断使用をお断りします。...

続きを読む

クジャクのあとのコハクチョウ

きょうは豊岡で桂九雀師匠の落語会。その会場で、豊岡に来ているコハクチョウの1時間前の居場所の情報を聞きました。落語会の後、さっそくその場所に直行。九雀さんのあとの小白鳥さんです。いました! 9羽のコハクチョウ。 9羽のうち、5羽は幼鳥で頭や首が灰色です。↓こちらは成鳥。 豊岡市では15年ほど前から、「コウノトリ育む農法」として「冬期湛水」が行われてきました。コウノトリの餌を確保するために、冬も田んぼに水...

続きを読む

半分雪

「半分垢」という落語があります。このタイトルではサゲを明らかにしてしまうので「半分雪」と言ってます。三島の宿で、富士山の雄大さに感動して、宿の女中さんに「さすが日本一の山だ」と褒めると、女中さんが「朝夕見ておりますと、さほど大きいとは思いません。大きく見えても半分は雪でございます」と謙遜するというのが出てくる噺です。ちょっと意味が違うのですが、今朝の我が家の近所の風景を見てこの噺を思い出しました。...

続きを読む