FC2ブログ

記事一覧

歴史ロマンとシャガの大群落

養父市八鹿町下八木の国道9号から今滝寺(こんりゅうじ)へ向かう山道があります。

車1台がやっと通れるこの道を、くねくねと約2km入ると、今滝寺があります。

八木城の城主・八木氏の菩提寺で平安時代の創建と言われ、かつては大寺院だったようです。

その今滝寺の手前に、シャガの大群落があります。


IMG_7354.jpg


細い道をはさむ両側の斜面が真っ白になるくらいのシャガの花。見応えがあります。

各地に「シャガの里」と呼ばれるところがありますが、ここも十分、観光地になり得ると思います。


IMG_7356.jpg


シャガは古い時代に中国から持ち込まれた植物です。三倍体のため、種子ができません。

地下茎を伸ばして殖えていきます。


IMG_7346.jpg


おそらく遠い昔、八木城と今滝寺が栄えた頃、ここにシャガを植えた人がいたのでしょう。

中国に渡ったお坊さんだったかもしれません。


IMG_7343.jpg


八木城が廃城になり、今滝寺が衰えても、シャガは生き続けてきたのです。

そして、長い年月を経て、この大群落ができあがったのでしょう。

歴史ロマンも感じることができるシャガの群落です。


↓1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。「拍手」もよろしく!

植物・花ランキング
このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント