記事一覧

春の七草・その2

春の七草の1つ、スズシロ(=ダイコン)の花です。

円山川の下流、円山大橋付近の堤防にハマダイコンの花が咲き始めました。


IMG_5509.jpg


10数年前までは、春になるとカラシナの黄色い花が堤防を彩っていたのですが、

最近はハマダイコンのほうが勢力を増し、黄色よりも白色の面積が多くなっています。

遠目には白色なのですが、近づいて見ると、白い花もあるし、薄い紫色の花もあります。

なかにはかなり濃い紫色の花をつける個体もあります。


IMG_5507.jpg


IMG_5508.jpg


この色素はアントシアニンだと思われます。

どれだけアントシアニンを合成するかは環境によっても違ってくるようですが、

同じ場所にこれだけ色の違う個体があるというのは、遺伝的な多様性があるということなのでしょう。

栽培ダイコンが野生化したものだという説もあります。

しかし、多様な花の色からそうではないような気がします。

本来、海岸に自生するハマダイコンの種子が何者かによって持ち込まれたのではないでしょうか。

何者かとは、鳥かも知れませんが、たぶん人ではないかと想像します。


↓1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。「拍手」もよろしく!

植物・花ランキング
このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント