FC2ブログ

記事一覧

紅葉2018・その4

メタセコイアというと何だか外国からやってきた植物のようですが、そうではありません。
本来、日本を含む北半球に広く分布していた植物です。
ただ、化石としてのみ発見され、絶滅した植物だと思われていました。

IMG_96221.jpg

メタセコイアと命名したのは日本の植物学者・三木茂さんです。
アメリカ西海岸の山脈に自生する大木・セコイアに近いというので「メタセコイア」。
メタは「~の後ろ」「~の変わった」の意味の接頭語です。
和名はアケボノスギ(曙杉)。いかにも化石で発見される植物という感じです。

IMG_96251.jpg

ところが、1945年に中国で現存していることが発見されました。
それが1949年、日本に持ち込まれ、いまあちこちの公園などに植えられています。
だから、日本の生きているメタセコイアは最も古いものでもまだ樹齢69年です。
でも、大昔、日本にも自生していた植物なのです。

IMG_96291.jpg

並木道というほどでもありませんが、和田山ジュピターホールの横のメタセコイアです。
いま、とってもいい色になっています。

↓1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。「拍手」もよろしく!

植物・花ランキング
このブログの写真の無断使用をお断りします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

>さゆうさん
 いつもありがとうございます。

No title

こんにちは。
この木の紅葉も魅力的ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント