FC2ブログ

記事一覧

秋の七草2018・その7

秋の七草の中で最も希少なのがフジバカマです。

但馬の自生地の1つが護岸工事のため、豊岡市加陽の水辺公園に移植されました。


IMG_8040.jpg


「徒然草」にも登場するくらいですから、昔はごくふつうに見られたはずです。

それがいまや準絶滅危惧種。

「フジバカマ」という名前で園芸種として売られているのはほとんどサワフジバカマだそうです。

サワフジバカマはフジバカマとサワヒヨドリの雑種で、ちょっと紫色が強くなっています。


IMG_8033.jpg


フジバカマは川沿いの草地を好みます。川が増水すると水に浸かってしまうような場所です。

根をしっかり張りさえすれば、水は豊富だし、土も肥沃です。

しかし、このような場所はススキやセイタカアワダチソウも好む所です。

同じ秋の七草であるススキとは共存できたのでしょう。

しかし、後から日本にやって来たセイタカアワダチソウとは共存できなかったのでしょう。

そして、護岸工事がさらに追い打ちをかけたのではないかと想像します。


IMG_8030.jpg


キタテハ、ヒョウモンチョウなど、いろんな蝶が吸蜜にやってきます。

そして、なんとあの蝶も! …続きは、また明日。


↓1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。「拍手」もよろしく!

植物・花ランキング
このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント