FC2ブログ

記事一覧

野郎花?

いつもの散歩コースの道端に生えているオトコエシです。

オミナエシに対して、それよりも茎が太く、毛深く、逞しいのでオトコエシだそうです。

漢字で書くと「男郎花」。オミナエシ(女郎花)に対しての表記です。

「女郎」は江戸時代は遊女の意味ですが、平安時代は一般に女性を表す言葉だったそうです。

で、その場合、「女郎」の対義語は「野郎」ですから、「野郎花」と書くべきかと…。


IMG_5486.jpg


花の下でカマキリが待ち伏せしています。チョウセンカマキリでしょうか。


IMG_5490.jpg


川面をバックに逆光で撮影したら、背景だけを白黒にしたような写真を撮ることができました。


IMG_5570.jpg


古語で、「おみな」は年配の女性のことで、対義語は「おきな」です。

だから、本来の表記は「をみな」(少女)であったと思われます。

でも、「をみな」の対義語は「をぐな」(少年)です。

また、「をとこ」(若い男性)の対義語は「をとめ」(若い女性)です。

だから、このオミナエシとオトコエシを対にして考えるなら、「ヲミナエシ」というなら「ヲグナエシ」といい、「ヲトコエシ」というなら「ヲトメエシ」といわねばなりません。


ややこしい話ですみません。名前の由来にちょっと疑問を感じただけです。


↓1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。「拍手」もよろしく!

植物・花ランキング
このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント