fc2ブログ

記事一覧

釣船草と虎丸花蜂

すんなりと秋にはなってくれませんね。きょうも暑い一日でした。
ツリフネソウ(釣船草、吊舟草)にトラマルハナバチ(虎丸花蜂)がやって来ました。
左右2つの花のうち、どっちの花に行くと思いますか?

IMG_6851.jpg

ときどき裏切られますが、だいたい予想できます。

IMG_6850.jpg

右の花でした。
左の花はちょっと傷がついています。もうすでに訪問者がいた証拠です。
その点、右の花は傷がついていませんので、たっぷり蜜があるはずです。
トラマルハナバチがゴソゴソと花の中に頭を突っ込んでいきます。

Snap_001_20220913143920185.jpg

ツリフネソウの花の入り口はこんなふうになっています。
上から張り出しているのは雄しべの葯です。
いまは雄性期で、花粉を放出しています。
下から花びらの一部がせり出していて、トラマルハナバチの頭が必ず雄しべに触れるようになっています。

Snap_005_202209131439220a6.jpg

さらに奥に潜り込んで行くと、穴の奥に蜜が溜まっています。
トラマルハナバチは長い口吻をこの中に差し込んで蜜を吸います。

IMG_6849.jpg

蜜を吸い終わると、またゴソゴソと後ずさりをして花から出てきます。
花の中が狭いので方向転換ができません。
より確実にトラマルハナバチの頭に花粉をつけるツリフネソウの頭脳作戦です。

↓1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。


植物・花ランキング 

このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。