記事一覧

黄色い絨毯

風に揺れる黄色い花々。ブタナです。


IMG_9412.jpg


昭和の初めに六甲山で発見されてブタナと命名されました。

その前に、北海道で見つかっていてタンポポモドキと命名されたのですが、

いまはブタナと呼ぶのが主流です。

フランス語の異名「ブタのサラダ」を直訳したのだそうです。

ブタが好んで食べるからということですが、ギリシアなどでは人もふつうに食べるそうです。


IMG_9194.jpg


モンシロチョウやモンキチョウも、ブタナの蜜がお気に入りのようです。


IMG_9427.jpg


昭和の初めに入ってきたというのは、帰化植物としては新しいほうですが、

繁殖力は旺盛で日本中にどんどん広がっています。

5月から9月まで花を咲かせ、種を飛ばします。

繁殖期間が長いのがその原因かもしれません。


↓1日1回、ポチッとお願いします。大変励みになっています。「拍手」もよろしく!

植物・花ランキング
このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント