fc2ブログ

記事一覧

山猫の目草の花と果実

ヤマネコノメソウ(山猫の目草)の花から果実への変化を追いかけてみます。

Snap_006_20220419162144ade.jpg

まだ花が残っていました。花びらはなくて、ガクが4枚。
ごく短い雌しべが2本(上の写真では手前左と右奥にあります)。
雄しべが2~8本(上の写真では3本。4本が多いみたいですけれど)。

Snap_009_20220419162145ef8.jpg

↑こちらは未熟な果実。雌しべが2本なので、子房の膨らみも2つ。
ガクが直立して果実を包みます。

Snap_005_2022041916214387d.jpg

裂開した果実。中に濃い褐色の種子がたくさん詰まっています。
はじめは2部屋になっていますが、仕切りがなくなって1部屋になります。
↑これでは猫の目には見えません。ガチャピンですね・・・^^

Snap_004_20220419162142832.jpg

種子は白いひも状の構造物で子房の壁とつながっています。
種子が未成熟のときはしっかりとつながっていて、揺すってもこぼれません。
種子が成熟すると、このひも状の構造物が切れやすくなり、雨滴で外に飛び散ります。

IMG_8664.jpg

もう飛び散り始めています。
雨滴散布というんだそうです。巧妙なしくみです。

↓1日1回、ポチッとお願いします。 大変励みになっています。


植物・花ランキング 

このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。