fc2ブログ

記事一覧

毒を蓄えた薄翅白蝶

香美町でウスバシロチョウ(薄翅白蝶)にたくさん出会いました。
シロチョウの仲間ではないので、ウスバアゲハ(薄翅揚羽)というほうがいいようです。
でも、ついついウスバシロチョウと言ってしまいます。

IMG_0561.jpg

北方系のチョウで、西日本では珍しいようです。
兵庫県でも南のほうにはいないようです。但馬ではよく見かけます。
ただし、成虫が見られるのはこの時期の1か月間程度だけです。
毛深いかわりに鱗粉が少なくて、からだは半透明です。

IMG_9584.jpg

ウスバシロチョウの幼虫の食草は↑このムラサキケマン(紫華鬘)です。
面白い形をした花ですが、有毒です。
この毒を取り込んで蓄えますので、ウスバシロチョウも有毒です。
そのため、簡単に鳥の餌食になりそうなフワフワとした飛び方をしていても平気なのでしょう。

IMG_0707.jpg

ウツギの花に吸蜜にやって来るところです。
翅の動きがゆっくりなので、飛んでいる姿も案外楽に撮ることができます^^

1日1回、↓ポチッとお願いします。大変励みになっています。


植物・花ランキング
このブログの写真の無断使用をお断りします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹馬

Author:丹馬
落語と授業の合い間に生き物を中心とした写真を撮っています。
兵庫県の北部・中部がおもなフィールドです。

いらっしゃい!

ご訪問、ありがとうございます。