FC2ブログ

記事一覧

これでも胡桃

ノグルミの実を見つけました。これでもクルミの仲間です。葉っぱをすっかり落とした枝に、トゲトゲの実がポツポツとついています。なぜか2個ずつ並んでついていることが多いようです。 あの大きな硬い実のクルミとは全然違います。ハリネズミのような、どちらかというと松ぼっくりに近い実です。 このトゲトゲの間に種子ができます。種子の周りには薄い翼がついていて、風に舞いながら落ちていきます。 もう種子をほとんど落と...

続きを読む

師走の紫詰草

今朝は冷え込んで我が家の周りも雪景色になりました。初雪で初積雪です。でも、昼頃には冷たい雨に変わり、積雪はみんな溶けてしまいました。 ちょっと陽が射したときがあり、道端でムラサキツメクサ(紫詰草)の花を見つけました。アカツメクサ(赤詰草)とか赤クローバーとも呼ばれます。本来なら春から夏に花を咲かせるムラサキツメクサです。  いまごろ花を咲かせたのは、やはり先日からの夏を思わせる陽気のせいでしょ...

続きを読む

師走の土筆

「きょうは雨か雪」という天気予報が珍しくはずれました。風は冷たいのですが、久しぶりに青空が広がり、陽が射しました。そこで、カメラを片手に出石町界隈をブラブラと散策していて、驚きました。なんとツクシが生えているではありませんか! ここは、2月18日付けの記事で「春みつけ・その3」で紹介した土手です。他の場所よりいち早くツクシが顔を出すところですが、まさか師走にツクシを見るとは・・・。ふつう師走には緑色の栄...

続きを読む

紅葉2018・その5

広い意味での「紅葉」は3種類に分けられます。葉っぱが赤色になる「紅葉」と黄色になる「黄葉」と褐色になる「褐葉」です。 ↑これは20日ほど前のカシワの葉っぱです。黄緑色と褐色が混じっていました。そして、↓こちらがきょうの同じ木の褐葉の様子です。全部が見事に褐色です。紅葉や黄葉に比べて褐葉は地味ですが、この時期のカシワの褐葉はなかなか美しいと思います。陽射しがあればもっと美しかったのですが、ちょっと残念。 ...

続きを読む

原種に近い山茶花

きょうの但馬も厚い雲に覆われてどんより。一日中、冷たい雨が降っていました。カメラを持って出かける気になれません。そんなわけで、先日撮ったサザンカ(山茶花)です。 ご近所の庭に、原種に近いと思われるサザンカの木があります。樹高は5mくらいです。 花びらは一重の白色で、先端にほんの少し淡い赤色が入っています。赤色やピンク色、八重のものは、後から園芸品種としてつくりだされたものでしょう。 ハエがサザンカ...

続きを読む

年中見られる小繁縷

12月とは思えない暖かさです。「異常気象」って毎年言っているような気がしますが、やっぱり異常です。妻が「庭でカエルが鳴いている!」って言ってます。この暖かさで雨ですから、いったん土に潜ったカエルが出てきたかもしれません。さて、きょうはコハコベ(小繁縷)の花です。畑の雑草です。 ハコベの仲間には、ミドリハコベ、コハコベ、ウシハコベの3種類があります。茎が赤紫色なのがコハコベです。 暖かくて春と間違えた...

続きを読む

髭の仙人草

仙人に出会ったことはありませんが、イメージとしては白い髭を生やしているお爺さんです。この果実をみた人が、そんな仙人を思い浮かべても不思議ではありません。 センニンソウの花期は8~9月です。花期が終わっても雌しべの花柱が落ちずに残ります。この花柱に銀白色の長い毛がびっしりと生えています。 この長い毛は、風を受けて種子を散布するためのもの。でも、タンポポなどと比べると、果実がずいぶん大きくて重そうです。...

続きを読む

赤い果実・その8

いつもの散歩コースの川沿いのサクラの木の根元に真っ赤な果実を見つけました。サネカズラの果実です。ツヤのある鮮やかな赤色をしています。 百人一首に「なに・・・」で始まる歌が3首あって紛らわしいのです。・難波潟 みじかき芦の・・・・難波江の 芦のかりねの・・・・名にし負はば 逢坂山の・・・この3つめの歌に登場するサネカズラです。 花期は8月だそうですが、ここにサネカズラがあることにまったく気がつきませんでした。花...

続きを読む

晩秋の三椏

きのうの大イチョウの近くで見たミツマタ(三椏)です。これまで春のミツマタの写真は撮ってきましたが、この時期のミツマタもまたいいものです。 春、花期のミツマタには葉っぱがありませんが、その後葉っぱが出てきます。そして、いま、もうすぐ葉っぱを落とすのでしょう。一部の葉っぱが黄色くなっています。黄色くなった葉っぱとまだ緑色の葉っぱの混じり具合がとっても綺麗です。 こちらはヤマモミジを背景に撮ってみました...

続きを読む

赤い果実・その7

静岡県以西に自生すると言われるタラヨウです。大きな葉っぱの間に赤色の果実がたくさんついています。 この大きな葉っぱの裏側に文字を書くことができます。釘などで引っ掻くように傷をつけると、そこが黒く変色します。細かい文字を書くときには、針のようなものを使うと上手く書けます。 戦国時代にはこの葉に字を書いて情報を届けたとか。それが「葉書き」の語源だそうです。 もう少しすると、この赤い果実をヒヨドリたちが...

続きを読む