FC2ブログ

記事一覧

二段露草

ツユクサの花には3枚の花びらがあります。上の2枚は大きくて青色、下の1枚は小さくて白色です。6本の雄しべと1本の雌しべがあります。6本の雄しべのうち3本はXの形、真ん中の1本はひっくり返ったYの形をしていて、ふつうの形をした2本の雄しべが長く伸びていて、その間に雌しべが1本あります。 苞からこの花が1つ飛び出して咲き、午後にはしぼんでしまいます。これが基本です。ところが、まれに1つの苞から花が2つ...

続きを読む

おもだかやっ!

大向うから「おもだかやっ!」と声が掛かるのは、市川猿之助さん。澤瀉屋(おもだかや)という屋号は、初代の市川猿之助さんの生家が澤瀉(おもだか)を扱う薬屋さんだったことに由来するそうです。 猿之助さんの家紋もオモダカをデザインしたものです。矢尻型の葉っぱが特徴的です。カッコイイのでオモダカをデザイン化した家紋がたくさんあります。 でも、このオモダカは薬草ではありませんので、薬屋では扱いません。田んぼの...

続きを読む

暑さにも逞しい植物

最高気温が25℃以上の日を「夏日」って呼ぶのでしたね。25℃という基準がずいぶん低いなぁと感じてしまうほど、今夏は感覚を狂わせられてしまいました。さて、きょうの1枚は、ハナツクバネウツギの花です。漢字で書くと花衝羽根空木。花が落ちた後、赤い5枚のガクが残り、羽根つきの羽根のように見えるところからツクバネです。 でも、ハナツクバネウツギというよりもアベリアと言ったほうが有名かもしれません。公園などに生け垣...

続きを読む

夏の赤い実

暑さもピークを過ぎたのでしょうか。やっと過ごしやすくなりました。道路沿いの林縁に赤い実を見つけて、車を止めてみました。 5月頃、ツルアジサイかノリウツギのような白い花を咲かせていたヤブデマリです。この時期に赤い実をつける樹木は少ないので、とってもよく目立ちます。 鳥たちにとっても同じようで、数羽のヒヨドリが盛んに実をついばんでいました。残念ながら、そのヒヨドリの姿を撮ることができませんでした。 赤...

続きを読む

葉が先か、花が先か

野山に生える花としては珍しいピンク色をしています。ナツズイセンです。 葉っぱがスイセンのようなのでこの名前ですが、スイセンの仲間ではありません。その葉っぱが見当たりません。明らかにヒガンバナの仲間です。 ヒガンバナより1か月以上早く咲きますが、同じ形をしています。 ヒガンバナは、花が咲いたあと、葉っぱが出てきます。ところが、ナツズイセンは葉っぱが春に出て、葉っぱが枯れてから花が咲きます。この生き方...

続きを読む

臭木の性転換

林縁に生えているクサギに花が咲いています。クサギ(臭木)という名前から悪臭を放つようなイメージを持たれがちですが、そうでもありません。人によっては嫌いかもしれませんが、葉っぱをもむとビタミン剤のような匂いがします。クサギには病害虫がつかないそうです。この匂いの物質が関係しているのかもしれません。 花は、葉っぱとはまた別の匂いを発します。こちらはジャスミンのようないい香りです。この香りでアゲハチョウ...

続きを読む

道端のハーブ

いつもの散歩コースの道端にミドリハッカが咲いていました。 和名はミドリハッカですが、スペアミントというほうが知られています。江戸時代にオランダから入って来たそうで、オランダハッカともいわれます。ほとんど不稔性で種子ができないようですが、地下茎で殖えていきます。それもかなり旺盛な繁殖力をもっています。 穏やかな清涼感のあるいい香りです。セイヨウハッカ(ペパーミント)ほど強烈な香りではありません。ペパ...

続きを読む

盆花

お盆に仏壇やお墓にお供えする花というと、キク、ヒャクニチソウ、ホオズキ、…そして、このミソハギといったところでしょうか。 だから、盆花とか精霊花とか呼ばれます。 以前は、田んぼの畦とか、溝の周りとか、湿り気の多いところでよく見かけましたが、最近はその姿をあまり見かけなくなりました。 花びらが6枚のものがふつうなんですが、5枚のものも4枚のものもあります。花の構造は植物ごとにきちんと決まっているのか...

続きを読む

糊に、煙管に

山道沿いの林縁にアジサイのようなノリウツギの花が目立ちます。 たくさんの小さな両性花と大きな装飾花がひとかたまりになって、枝先に突き出ています。装飾花は4枚のガクが花びらのようになっていて、これで昆虫たちを招きます。 ウツギ(空木)という名前がついていますが、枝や茎の中心部は完全な空洞ではありません。白いスポンジ状の髄になっています。昔は、ノリウツギの根っこや幹の髄をくり抜いて、煙管(キセル)やパ...

続きを読む

ヤッショーマカショ

建築中の家の前の道端にポツンと1株だけ、ヤナギバハナガサが咲いていました。どこから種子が運ばれてきたのでしょう。周囲には見られません。 まっすぐにスッと伸びた茎から3つの花茎が分かれ、それぞれの先端にこんもりと花を咲かせます。山形の「花笠祭り」の花笠を連想しての命名でしょうか。 ベニシジミが吸蜜中です。綿毛がくっついていますが、他所から飛んできたオニタビラコの綿毛です。 ヤナギバハナガサは南米原...

続きを読む