記事一覧

南限のコハクチョウ

三木市に行く途中、日没が近い時間ではありましたが、越冬中のコハクチョウが見られるということで、小野市の鴨池に寄ってきました。鴨池には男池と女池があり、男池ではオナガガモ、ヒドリガモ、オオバンなどが見られました。女池のほうに行ってみると…、いました。ずらりと並んだ野鳥カメラマンが。でっかいレンズの展示会のように三脚が並んでおりました。僕のカメラではとてもそんな中に入っていけませんので、ちょっと離れた...

続きを読む

信頼に応える

2月初旬に紹介したカワアイサの美形カップルが小佐川にいます。もう1か月以上いますので、この小さな川が気に入ったようです。 警戒心が強いはずのカワアイサですが、かなり接近できます。20日前よりもさらに接近できるようになりました。この川の土手を歩く人たちは無害だとわかったようです。僕がカメラを構えても、川向うを歩く人がいても、安心して羽の手入れをしていました。 この鳥たちの信頼に応えるふるまいをしたいも...

続きを読む

早春の花の智恵

道端にオオイヌノフグリの可憐な青い花を見つけました。まだ少ししか咲いていませんし、花びらを広げてもいませんが、春を感じます。 オオイヌノフグリは秋に芽を出して、冬のうちに地面をはうように広がっていきます。他の植物が茂らないうちに、地面を覆い、さっさと花を咲かせ、種子をつくります。春の終わりには枯れて、種子で夏を過ごすのです。春に芽を出し、秋に枯れて、種子で冬を過ごす植物と比べると、半年ずれています...

続きを読む