FC2ブログ

記事一覧

赤くない鷭

篠山城の西濠の土手で、ハト大の黒っぽい鳥を見つけました。地面を盛んに突っついて虫か何かを食べているようすです。クイナの仲間に違いないと思うのですが・・・。 体つきはどうみてもバン(鷭)のようなのですが、バンなら額板が赤いはず!・・・と、思い込んでいました。 この後ろ姿は、やっぱりバン!調べるまで、バンの額板の赤色が冬には消えることを知りませんでした。12月30日に南濠で見たバンの額板は赤かったのに・・・。 額...

続きを読む

ふわふわコウノトリ

豊岡市日高町久斗の田んぼにコウノトリがいると聴いて、立ち寄ってみました。夕陽に照らされた田んぼの畦に、確かにいました。 足環から左がJ0009、右がJ0006とわかります。カップルではなく、ともに10歳の雌です。姉妹でもありませんが、仲良しです。昨年12月1日にも、この近くの日高町伊府の農道で見かけました。このあたりが気に入っているのでしょう。 冷たい風が緩やかに私のほうからコウノトリの方向に吹いています。風...

続きを読む

赤い果実・その14

昨年の1月16日、この「FC2ブログ」に移ってきて、丸1年が経ちました。1年間、毎日アップを目標にやってきて、何とか目標達成です!エライ! とりあえず自分で自分を褒めておきます。^^これからも、植物、昆虫、鳥など、毎日1種類の生きものに注目していきたいと思います。2年目に再び登場する生きものもあるかと思いますが、今後ともよろしくお願いします。さて、きょうは雑木林の中で見つけたアオキの果実です。 常緑です...

続きを読む

青首家鴨か?

マガモを飼いならして家禽にしたのがアヒルです。アヒルはからだが大きくて飛ぶ力が弱いので、マガモのように渡りはできません。でも、種としては同じなのです。だから、交配が可能です。マガモとアヒルを交配したものをアイガモと言います。これも種としては同じです。アヒルやアイガモの中で原種のマガモに近い色彩をしたものをアオクビアヒルといいます。 これがそのアオクビアヒルです。たぶん。確たる証拠はありませんが、お...

続きを読む

赤い果実・その13

朝方は寒かったのですが、昼前から陽射しの温かいいい天気になりました。「カメムシが多い年は大雪になる」と言われていますが、どうやら今年はハズレのようです。トキワサンザシ(常盤山査子)の赤い果実が目立ちます。ピラカンサという名のほうが知られています。でも、厳密にいうと、タチバナモドキやカザンデマリも含めた総称名がピラカンサだそうです。 枝の先が鋭い刺になっています。果実の先端に種子が顔をのぞかせている...

続きを読む

金・黒・白

小佐川では珍しいカモがやってきました。キンクロハジロです。目が金色、頭や背が黒色、翼に現れる帯が白色ということで、キンクロハジロ。色を3つ並べるというのは、珍しい命名のしかたです。頭の後方に伸びたチョンマゲのような冠羽がチャームポイントです。 久美浜湾などではよく見ますが、円山川の上流ではあまり見られないカモです。円山川の支流、川幅が数mしかない小佐川にやって来てくれるとは、嬉しいことです。きのう...

続きを読む

赤い果実・その12

いつもの散歩コースで、道路沿いの林縁に赤い果実を見つけました。 フユイチゴの果実です。いわゆるキイチゴの仲間です。何度か雪をかぶって、地表に押しつけられたようになっています。縁にギザギザのある葉っぱもかなり傷んでいます。 1つの粒は直径約7mmです。これがいくつか集まっています。ガクは毛深いし、果実の先には雌しべの先が糸のように残っています。そのため、食べるのはちょっと躊躇しますが、丁寧に果実を採って...

続きを読む