FC2ブログ

記事一覧

正福寺桜、満開

学名に「但馬」が入っているサクラがあります。その学名は「Prunus ×tajimensis Makino」。「Prunus」はサクラ属、×印は種間雑種であることを意味します。「tajimensis」は但馬に産するということ。牧野富太郎先生による命名です。和名はショウフクジザクラ(正福寺桜)。正福寺は、湯村温泉の源泉「荒湯」のそばの夢千代像の近くのお寺です。牧野富太郎先生がここで見つけて学会に報告されたので、この名前がついています。とて...

続きを読む

有子山へ

出石の有子山に初めて登ってきました。有子山城は1574年に山名祐豊(やまなすけとよ)が築いた山城です。出石城の背後の有子山(標高321m)の山頂にあります。まずは、出石城からの景色をどうぞ!満開のソメイヨシノと出石の町を見渡せて、いい眺めです。ここから有子山城跡を目指します。約1時間の登山です。有子山は標高321mですから東京タワーより低いのです。出石の町の平地が標高14mくらいですから、登る高さは300mちょ...

続きを読む

清滝小学校の大桜

樹齢1000年と言われる樽見の大桜はエドヒガンです。樹齢約500年の大屋町糸原のミズメ桜も、竹野町中村のおまき桜もエドヒガン。但馬にみられる長寿の桜はほとんどエドヒガンです。ソメイヨシノでそんな長寿の桜を聞いたことがありません。それもそのはず、ソメイヨシノがつくられたのは江戸時代の末期。ソメイヨシノが誕生してから長めにみても200年くらいしか経っていないのです。50~60年で樹勢が衰えていくとも言われていますが...

続きを読む

小佐川の桜並木

兵庫県は瀬戸内海にも日本海にも面しています。そこで、川沿いに桜並木をつくり、瀬戸内と日本海側をつなごうという計画が実行されました。平成3年~12年のことです。名づけて「ふるさと桜づつみ回廊」計画。具体的には、武庫川~篠山川~加古川~円山川を5万本の桜でつなぎます。植え始めてから29年が経ち、桜の木はずいぶん立派に成長しました。おかげで兵庫県内では各地で、川沿いに延々と続く桜並木を見ることができます。き...

続きを読む

春の妖精、山延胡索

先週からヤマエンゴサク(山延胡索)が咲き始めました。初夏には地上部が枯れてしまうスプリング・エフェメラル(春の妖精)の代表です。花の色は淡い紫色ですが、青色に近いもの↑や赤紫色に近いもの↓など変化に富んでいます。とっても面白い形の花で、花の後方には長い距(きょ)があります。ここから蜜が分泌されます。花を後方から見ると、花の下に小さな葉っぱのような苞があります。つぼみを包んでいた部分です。これがまた可...

続きを読む

樽見の大桜、満開

全国でも10指に入るというエドヒガン、樽見の大桜がいま満開です。国指定の天然記念物で、もちろん兵庫県下で最大です。出石藩の藩主がよく花見に訪れたという、江戸時代からの桜の名所です。実は5日前にも登ったのです。いい天気でしたが、そのときは開花したばかりでした。同じエドヒガンでも、ここは標高が高いだけに平地よりも開花が遅くなるようです。きょうは曇り空でしたがあすもあさっても雨の予報なので、午後に登ってき...

続きを読む

泰雲寺の枝垂れ桜

「おぉー!」「すごぉい!」「うぁー!」…表現は人それぞれですが、皆感嘆の声をあげます。新温泉町の泰雲寺の枝垂れ桜です。いま満開です。「例年より1週間ほど早い」とご住職がおっしゃっていました。青空をバックに撮りたかったのですが、残念ながらしばらく天候には恵まれないようです。樹齢300年以上、樹高約13m、幹周り約5.3m。県指定の天然記念物です。枝垂れ桜としては西日本最大、全国で6番目の巨木だそうです。エド...

続きを読む